胸に合った下着を

ブラジャーはバストにとって大切な下着なのに、自分に合っていない物を身に付けている人も多くいるそうです。
これは試着をしっかりすると防げますが、着ける時にどのような点で注意が必要でしょうか。
まず始めに自分のサイズを知る事から始めましょう。
トップとアンダーをしっかり測り、自分に合ったサイズを知ります。
バストの円周をバージスラインと言いますが、これとカップのワイヤー部分の円周が合っているか、確かめる必要があります。
そして、乳首が正しくバストの中心に来ているかを確認します。
ブラジャーの形が合っていないと、乳首の位置がずれてしまうのです。
また、脇から肉がはみ出していないかも確認します。
アンダーの締め付けがきつくないかもよく確かめましょう。
ブラジャーを外した時に跡が残ってしまうかもしれません。
日本人に多いバストが左右に離れている体型の場合、ブラジャーは1/2カップより3/4カップの方が、よりサイドからバストを寄せる効果が高くなります。
ブラジャーを着ける時には、左手で左胸を支えながら、右手で脇や背中の肉を寄せてカップに収めます。
右胸も同様にします。
一日に数回、正しく着けられているかチェックし、カップの中に肉を収め直すようにすると、一日きれいなバストを保つ事が出来ます。
そうしてきちんと選んだブラジャーをきちんと着ければ、バストの美しさが違ってきますし、着けいているのが気にならないくらい、フィットするものなのです。